株式会社スカイホーム

不動産を売却したら確定申告は必要?

お問い合わせはこちら LINEはこちら

不動産を売却したら確定申告は必要?

不動産を売却したら確定申告は必要?

2021/12/16

不動産売却したら確定申告は必要?

気になる点をまとめました。

こんにちは!ピタットハウス針中野店の馬淵です。

 

売りたい不動産があるけれど、確定申告などよく分からない…。

手続きがよく分からず、所有されたままの不動産をお持ちではありませんか?

 

不動産売却した場合、確定申告は必要な時と必要ではない場合があります。

簡単に言うと、利益が発生しなかった場合は確定申告は必要ありません

しかし、利益が発生した場合のみ、確定申告が必要です。

 

2パターンについてご案内いたします。

 

・確定申告が不必要な場合

古家の解体を負担されたり、立退料を支払うなど、諸経費が売却額を上回った場合、確定申告は不要となります。

 

・確定申告が必要な場合

不動産売却によって、結果的に利益が発生した場合は確定申告が必要となります。

この場合、給与の確定申告とは別途で分離課税用の確定申告書を用意します。

「分離課税用」?

聞きなれない言葉で面倒に思ってしまうかもしれませんが、実はそんなに難しい書類ではありません。

必要書類等、分からないことはピタットハウス針中野店までお気軽にお問い合わせください。

 

・確定申告が不要でも申告することで節税になる場合も

不動産売却には特別控除額というものがあります。

譲渡所得から特別控除額を差し引くことが可能となります。

例えば、マイホームを売却した際に、譲渡所得から3,000万円を控除できる「3,000万円の特別控除」というものがあります。

また、売却から3年以内にマイホームをご購入された場合は「買換え(交換)の特例」が適用されます。

他にも節税できる方法は沢山ありますので、ぜひピタットハウス針中野店までお気軽にご相談ください。

 

不動産売却についてわからないことは、不動産のプロであるピタットハウス針中野店がしっかりサポートいたします。

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。