株式会社スカイホーム

不動産売却後の確定申告方法

お問い合わせはこちら LINEはこちら

不動産売却後の確定申告方法

不動産売却後の確定申告方法

2022/02/11

不動産売却後の確定申告方法

確定申告の時期となってまいりました。

本年度、不動産売却された方は確定申告が必要となります。

2022年の提出期限は2月16日(水)〜3月15日(火)です。

 

確定申告は、不動産売却において利益が出た方のみ確定申告が必要となります。

 

必要書類は5つ。①~③は税務署、または国税庁のウエブサイトでダウンロードできます。

最近は確定申告書作成サイトなどもあります。

④も自宅でダウンロードが可能です。

聞きなれない書類名で少々難しく感じるかもしれませんが、記入することはとてもシンプルなのでご安心ください。

 

①確定申告書B様式(第一表)

A版とB版があり、土地を売って利益が出た場合はB版を使用します。

②確定申告書第三表(分離課税用)

不動産売却における譲渡所得税は、他の所得と分離して課税される分離課税となるため

一表~五表のうち、三表を使用して下さい。

③譲渡所得の内訳書(確定申告書付表兼計算明細書)

不動産売却における収入金額や取得費、譲渡費用を記載します。

収入金額、所得金額、分離課税の対象となった税額などを、③の確定申告書第三表に記入します。

④建物・土地の登記事項証明書

売却した土地の登記事項証明書を、上記の確定申告書に添付します。

不動産を管轄する法務局、またはオンライン申請で請求することができます。

⑤売買契約書のコピー

売買契約書のコピーも必要です。

取得費と売却収入の金額を証明し、譲渡所得を計算するためです。

 

以上が不動産売却した際に必要となる確定申告の書類です。

書類が多い、難しいと思われた方も多いかもしれませんが、中身は案外シンプルです。

 

また、マイホームを売却した際に受けられるお得な特別控除もあります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

マイホームの買い変えでお得に特例控除が受けられるって本当?

 

ピタットハウス針中野店では、皆様の不動産売却がスムーズに進むよう全力でサポートしています。

売却の際に不明な点がある場合は、気兼ねなくご質問ください。

 

これから不動産売却をお考えの方は、下記フォームより無料査定を行っておりますので、ぜひご利用くださいませ!

よくある質問

査定する際には、物件を必ず見せないとダメですか?
ご自宅をすぐにお見せ頂かなくても大丈夫です。
弊社では査定の方法として、「訪問査定」と「机上査定」の2種類を状況に合わせて実施しており、「机上査定」であれば査定報告書にてどのくらいでご売却できるかお示しできます。しかしながら、場合によっては訪問査定を実施することで査定額がアップすることもございます。具体的にお知りになりたい方は、「訪問査定」をお勧めしております。
売却は住みながらでもできますか?
もちろん可能です。多くの売主様は、お住みになりながらご売却活動をされています。
仕事が忙しく、直接話をする時間がないのですが、メールなどでやり取りすることは可能ですか?
もちろん可能です。LINEやその他、ご指定のアドレスとのメールのやり取りも随時実施しております。まずは弊社へお問い合わせ頂き、ご希望のやりとり方法をお申し付けください。
住宅ローンが完済していないのですが、売却することはできますか?
売却できます。当店では、お客様のご状況に合わせて、売却方法のご提案をさせて頂いております。まずは一度ご相談下さい。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。