株式会社スカイホーム

確定申告記事まとめ|昨年不動産売却された方

お問い合わせはこちら LINEはこちら

確定申告記事まとめ|昨年不動産売却された方

確定申告記事まとめ|昨年不動産売却された方

2022/03/06

確定申告記事まとめ|昨年不動産売却された方

本ブログでは不動産売却における有益な情報を発しております。

その中で、いくつか不動産売却時の確定申告の方法についてまとめて参りました。

今回はその記事をまとめてご紹介したいと思います。

 

2022年の確定申告の期間は2月16日~3月15日。

3月になり、提出期間も残りわずかとなってまいりました。

ぜひピタットハウス針中野店ブログの下記リンクを参考にしてみて下さい。

お得な控除についての情報もございますので、ご一読ください!

 

不動産を売却したら確定申告は必要?

※不動産売却において利益の出なかった方は申告の必要がありません。

 

不動産売却の収入印紙とは?

※ピタットハウス針中野店での売買でしたら、準備はラクラク♪

売主様にも買主様にも当店が代理購入してお渡しいたします。

 

【耳寄り情報】不動産売買における印紙税の軽減処置が延長されています

※上記記事の収入印紙の代金が約半額になっています。

 

不動産売却後の確定申告方法

※実際に必要な書類と入手方法を記載しております。

 

特に、【耳寄り情報】で触れております印紙税の軽減処置

延長されたとはいえ、期限は2022年3月31日、今月いっぱいまでです。

 

今月中に不動産売却することによって印紙税の減額が適応されます。

不動産売却をご検討中の方は、ぜひ今月中の売却をおすすめいたします!

また、引っ越しシーズンですので、普段よりお高い査定額をお出しできる可能性もございます。

 

最後のリンクを読まれた方は分かると思いますが、

不動産売却における確定申告はそんなに複雑なものではございません。

収入印紙は契約時に当店が代理購入するなど、

ピタットハウス針中野店での売却でしたら、より不安なく不動産買取できるかと思います。

 

去年、当店で不動産売却された方で確定申告の方法が分からないという方は

お気軽にご相談ください。

地域密着型店舗として、最後まで丁寧にご案内させて頂きます。

よくある質問

査定する際には、物件を必ず見せないとダメですか?
ご自宅をすぐにお見せ頂かなくても大丈夫です。
弊社では査定の方法として、「訪問査定」と「机上査定」の2種類を状況に合わせて実施しており、「机上査定」であれば査定報告書にてどのくらいでご売却できるかお示しできます。しかしながら、場合によっては訪問査定を実施することで査定額がアップすることもございます。具体的にお知りになりたい方は、「訪問査定」をお勧めしております。
売却は住みながらでもできますか?
もちろん可能です。多くの売主様は、お住みになりながらご売却活動をされています。
仕事が忙しく、直接話をする時間がないのですが、メールなどでやり取りすることは可能ですか?
もちろん可能です。LINEやその他、ご指定のアドレスとのメールのやり取りも随時実施しております。まずは弊社へお問い合わせ頂き、ご希望のやりとり方法をお申し付けください。
住宅ローンが完済していないのですが、売却することはできますか?
売却できます。当店では、お客様のご状況に合わせて、売却方法のご提案をさせて頂いております。まずは一度ご相談下さい。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。