株式会社スカイホーム

自己破産寸前!家を売るには?

お問い合わせはこちら LINEはこちら

自己破産ストップ!家を売って回避するには?

自己破産ストップ!家を売って回避するには?

2022/03/21

自己破産ストップ!家を売って回避するには?

住宅ローンあり!借金あり!自己破産という選択を迫られている方へ

もしかすると、「任意売却」により住居売却することで自己破産を免れるかもしれません!

 

このご時世、生活が一変してしまうことは他人事ではありません。

突然多額の借金を背負わされたり、会社が倒産してしまったり…。

 

自己破産を決めて弁護士事務所に相談に行くと、住居について

「競売」「任意売却」、どちらにするか訊かれるかと思います。

もしかすると弁護士によっては手軽な「競売」を強く薦められるかもしれません。

 

「競売」は裁判所が絡む強制的な手続きです。

「任意売却」は相談者さまの意向を大切にします。

 

相談者さまの意向を大切にするといっても、弁護士を通して

ローンを組んでいる銀行(金融機関)とのやりとりとなります。

弁護士はこの手間を省くために、「競売」を薦めることが多いのです。

 

「任意売却」により住居売却をすると?

もし家の売却額が借金返済に充てられたなら、自己破産する必要はありません!

自己破産していなければ、新しく次の家のローンを組むこともできます。

長年お住まいになられた家、まだローンのある家を手放すのは名残惜しいことですが、

裁判所による強制的な競売と違って、

任意売却なら相談者さまがなるべく高い査定額の不動産買取業者を探して売却することができます。

 

ここで注意すべきなのが、家の売却方法として

「仲介業者に依頼する」

「買取業者に買取を依頼する」かです。

 

「仲介」で家を売る場合

ご自身でクリーニングやリフォームをして、

広告費を負担しながら販売に出さなくてはなりません。

家が売れた場合は、仲介手数料を引いた全額が手元に入ります。

しかし、売れるまでの期間が予想できないこと、売れないかもしれないリスク、

自己破産の手続きを薦めながら初期費用を捻出できるか?という点で、

自己破産中の方の売却方法としてはあまりオススメできません。

 

「買取」で家を売る場合

一方で「買取」なら不動産会社が直接物件を買取りますので、

その場でご査定し、納得していただければすぐに現金が手に入ります。

現状引渡しOKですので、初期費用はかかりませんし、お時間もいただきません。

クリーニング等の初期費用がない分、売却額は相場の7割程度になってしまうというデメリットがありますが、

「競売」よりずっと高い額で売却できます。

 

「競売」で家を売る場合

「競売」なら弁護士さんに全てお任せでき、楽だとお考えの方もいるかもしれません。

ただでなくても借金や自己破産でてんてこまいの時ですので、少しの労力も負担になりますよね。

しかし、「競売」による売却額は相場の5割程度。

「買取」の7割よりさらに下回ってしまいます。

借金を減らしたい状態で、本来の売却価格の半分程度しか手元に入らないのは、かなり痛手ではないでしょうか。

もし弁護士が「競売」を提案しても、一度は「買取」にて家を売ることを検討してみて下さい。

 

大阪市の住居売却でしたら、ピタットハウス針中野店までご相談ください。

ご事情を汲み、なるべくスムーズで、丁寧な買取をさせていただきます。

また、ピタットハウス針中野店では、家の買取りに力を入れております!

地域密着型店舗ですので、大阪市の中でも特に

東住吉区・阿倍野区・平野区・住吉区

の区間では高額査定をお出ししています!

家を売りたい方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

「任意売却」の具体的なメリット

もし家の売却額で借金を完済し、ローンも完済できるなら自己破産しなくて済む理想の形ですよね。

ローンが完済しなかったとしても、残りの額を大きく減らすことができた場合、

現在の収入と月々のローン返済額を照らし合わせて

債権者(ローンを組んでいる金融機関)との話し合いにより

自己破産しなくて済む可能性が大きく出てきます。

 

自己破産は最終手段です。

どうしても借金を返しきれない場合に自己破産という手段を使います。

家の売却によって借金を完済したり、または大幅に減らしたり、

残りのローン額はこのまま返済できる、と判断された場合、自己破産は免れます。

 

「任意売却」なら〝抵当権〟を外すことも可能

任意売却では、住宅ローンをすべて返済できていなくても〝抵当権〟を外してもらえます。

 

〝抵当権〟とは?

住居を購入した際に物件には〝抵当権〟がついてきます。

住宅ローン自体は低金利ですが、金額は大きく、返済期間も長期となります。

万が一、住宅ローンが返済されない時のために物件に設定されるものです。

 

本来ならローンを完済しないと〝抵当権〟を外すことはできません。

これを抹消しない限り、次の買い手の方が同じ債務を背負うことになります。

前の所有者の〝抵当権〟が残っている物件は、前の所有者がローンを滞納した時点で、

自動的に競売にかけられてしまうのです。

そんな物件は売れないですよね。

そこで救済措置としてあるのが「任意売却」です。

競売や任意売却により家を売ることで〝抵当権〟を外すことを認めているという制度です。

 

任意売却は通常の住居売却と違って、銀行(ローンを組んでいる金融機関)や役所の同意が必要となります。

住宅ローンが残っている状態や、滞納している税金について検討し、

登記簿謄本の〝抵当権〟や〝差押〟を抹消してもらう必要があるからです。

検討の結果、〝抵当権〟や〝差押〟が抹消されれば、晴れて家を任意売却することができ、

自己破産ストップの未来も見えてきます!

 

銀行(ローンを組んでいる金融機関)にとって任意売却は、競売より回収額が多くなります。

相談者さまにとっても、任意売却の方が残債務(住宅ローンの残額)が少なくなります。

※不動産会社による買取…相場の7割程度

 競売による売却……………相場の5割程度

任意売却は、金融機関・相談者さま双方にとってメリットの多い方法です。

 

「任意売却」におけるプライバシー保護

不動産会社に「買取」で売却した住居は、「仲介」と違って広告を出して販売するわけではありませんので、

ご近所の方に売りに出していることがバレずに売却することができます。

これは「任意売却」に限らず、マイホームの住み替えや、使われていない古家などを

不動産会社が買取り、売りに出す場合でも同じです。

「買取」はプライバシーに配慮した物件の売却方法であるといえます。

もし、様々な理由で自己破産をご検討中の方は、家の「任意売却」をご検討ください。

ピタットハウス針中野店なら、秘密厳守で高価買取いたします。

 

自己破産や家の売却、次に住む家に困ったら

どうぞお気軽にピタットハウス針中野店までご相談ください。

自己破産や任意売却が伴う場合は、具体的な手続きは担当弁護士様が行われるかと思います。

その中で、なるべくお客様のストレスが軽減できるよう、またお困りごとを減らせるように

地域密着型のピタットハウス針中野店が高額査定にてご協力させていただきます。

家を売る際の疑問、不安はお気軽にご質問ください。

地域No.1の、お客様に寄り添った買取を目指しております。

 

今回は自己破産中の住居の売却「任意売却」についてご紹介しました。

他にも様々なご事情で家の売却をご検討されている方がいらっしゃるかと思います。

ピタットハウス針中野店はメールなら24時間ご相談を受け付けておりますので、

どうぞお気軽にご質問・ご相談くださいませ。

 

皆様からのお問い合わせ、お待ちしております!

よくある質問

査定する際には、物件を必ず見せないとダメですか?
ご自宅をすぐにお見せ頂かなくても大丈夫です。
弊社では査定の方法として、「訪問査定」と「机上査定」の2種類を状況に合わせて実施しており、「机上査定」であれば査定報告書にてどのくらいでご売却できるかお示しできます。しかしながら、場合によっては訪問査定を実施することで査定額がアップすることもございます。具体的にお知りになりたい方は、「訪問査定」をお勧めしております。
売却は住みながらでもできますか?
もちろん可能です。多くの売主様は、お住みになりながらご売却活動をされています。
仕事が忙しく、直接話をする時間がないのですが、メールなどでやり取りすることは可能ですか?
もちろん可能です。LINEやその他、ご指定のアドレスとのメールのやり取りも随時実施しております。まずは弊社へお問い合わせ頂き、ご希望のやりとり方法をお申し付けください。
住宅ローンが完済していないのですが、売却することはできますか?
売却できます。当店では、お客様のご状況に合わせて、売却方法のご提案をさせて頂いております。まずは一度ご相談下さい。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。